オーストラリア留学のお土産は会話の良いきっかけに

欧米人に比べると日本人はシャイな印象であり、実際にオーストラリア留学でホームステイをする際には、英語で最初に内を言うべきか戸惑いがちです。

そんな緊張をときほぐしてくれるのが、日本らしいエキゾチックなお土産であり、会話の良いきっかけになります。日本から持参をする珍しいお土産に、ホストファミリーは興味津々です。色々質問をしてくることを想定して、オーストラリア留学前に英語でお土産のことを説明できるようにしておきます。持ち込みに関してオーストラリアの場合は、特に厳しい制限を設けているのが食べ物に関してです。

海外へのお土産に食品を選ぶのはポピュラーではあるものの、入国時の食べ物に対しての規制が厳しいため、食品以外を選ぶ方が無駄な心配をしなくてすみます。お土産をホストファミリーに渡すタイミングですが、到着をした翌日か、翌々日あたりに笑顔で差し出すことです。到着をした日は家族の紹介や、荷物の移動や整理に追われるので、時間はあっという間に過ぎ去ります。バタバタと時間が過ぎ去りますので、落ち着いた翌日に手渡す方ことです。

留学時にお土産として準備していくなら、江戸時代から伝わる文化の風呂敷も古風であり、和柄のハンカチなども喜ばれます。絵柄はサクラや富士山など、いかにも日本らしさを前面に出したデザインは、受けも良いです。和柄の入ったお箸と箸置きのセットも定評がありますし、クオリティの高さで喜ばれる、日本の文具をお土産にするのも悪くはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *