高校留学をすると大人になって得をします

大学生になってからの短期留学などは一般的になりつつも、高校留学というと日本ではまだハードルが高い分野です。

高校留学を難しくしている大きな要因として、留学にかかる経済的支出と親元を離れるという安心・安全面での家族の不安があります。しかし、ここではあえてそういったリスクを取りながらも大学や社会人になってからではなく、高校から留学することを強くおすすめします。まず、留学の目的としては殆どの人が英語などの語学力の向上をあげます。また、言語の取得を通して他の国の文化を知り、グローバルな人材となることもこれに次ぐ大きな目標となるでしょう。

こういった留学の目的を達成するためには高校留学が効くのです。理由は2つあります。まず、高校生という年齢は新しいものちがうものに対する興味も強く、異文化に柔軟です。自分の中にもまだ日本人としての「あたりまえ」があまり深く根付いていないため、他国の文化や価値観をスポンジのように吸収することができます。それに高校生という年齢は善悪の判断や、自分に何が必要なのかがきちんと見え始めている頃です。

危険や誘惑を避けつつ学習できる、まさに留学適齢期、と言えるでしょう。2つ目の理由としては、その言語の習得の早さです。言語学習は早いに越したことがないと言われますが、そのとおりです。大学生になる前に英語環境にどっぷり浸かることで、大学以降の留学経験者とは結果的に大きな差が付きます。上で述べた、言語、文化面での成長は就職する際にも有利に働きますのでぜひ高校留学をとおして一生もののスキルを学んでください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *