奨学金制度を利用して高校留学をしよう

高校留学をしたいと希望している学生はたくさんいますがここで問題になってくるのが費用面だと考えられます。

留学にかかる費用は最低でも年間200万円、留学先によっては600万円かかることもあります。授業料だけでなくホームステイや留学先での生活費や交通費などとにかくお金がかかるイメージがあります。しかし学費の免除、渡航費用の援助など様々な種類の奨学金制度があるためこちらを利用すればお金がなくても高校留学をすることが可能になります。もしも奨学金制度を利用したい場合は書類審査や面接の選考があり4月頃に書類選考、5~6月に面接、7月に結果が出るという流れとなっています。

あらかじめ準備しておくことが大切なので申し込みの期限よりも十分に余裕を持って申し込みをするように心がけましょう。奨学金の種類にもよりますが審査にとおると20万円程度から大きいと170万円以上の学費援助を受けられることもあります。奨学金制度がある公的機関として挙げられるのが民間資金を活用して留学支援を行っている文部科学省です。

手厚い奨学金が給付されることで人気が高く留学内容や渡航先、機関を生徒が自由に選択できるようになっています。選考に面接や書類審査があるというと自分には特別な能力がないと申し込みをすることに躊躇される方がいますが、応募者数が定員を下回るケースも報告されており高校留学に興味があるのなら積極的に調べてみることをおすすめします。
オーストラリア留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *