色々な選択肢のある高校留学

高校留学をするメリットとしてまず挙げられるのがネイティブ並みの英語力を身につけることが出来る点です。

大学留学の場合はすでに言語の基礎が出来てしまっており修正するのには時間がかかります。また発音やイントネーションにも癖がついてしまっているためネイティブ並みの自然な英語を身に付けるのは簡単なことではありません。高校留学は比較的英語の癖がついておらず頭が柔らかく物事の吸収が早いので短時間の間に飛躍的に英語力を向上させることが可能です。また海外の高校は日本とは異なり様々な人種の学生が集まります。

特に移民が多いカナダやアメリカでは多種多様な学生が通っており国際色豊かな環境のなかで異文化交流を日常的に行うことが出来ます。今まで日本に居たときに当たり前だったことが当たり前ではなくなることに戸惑いがあるかもしれませんが若いうちからこのような異文化を肌で感じることはとても刺激になり良い経験になります。固定概念にとらわれていない高校生活だからこそこうした経験で真の国際交流をすることが可能です。

また高校留学をすることで大学進学の選択肢が2つあります。まず1つ目は日本に帰国して進学をする方法で2つ目は海外の大学での進学です。日本の大学に進学する場合は「帰国子女枠」や「AO入試」を利用することができるので有名大学への進学も叶えることが可能です。海外の大学に進学すると日本の大学では学べないような専門的なことを学べるチャンスがありどちらの選択肢もあることが高校留学のメリットだと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *