イギリスに高校留学をする前に知っておきたいこと

たくさんの国がある中でも高校留学で人気が高い国として挙げられるのがイギリスです。

イギリスは圧倒的に公立高校が多いですが保護者が納税者でない場合は原則として公立高校へ入学することは出来ません。95%が公立高校で残りの5%は私立高校だと言われており留学生は基本的に私立高校に通うことになります。入学するためにはある程度の英語力が必須とされており留学生向けの英語補習コースが充実している学校と補助的に行なっている学校があります。

自分の英語力に自信があまりない方はできる限り英語補習が充実した学校を選ぶようにしましょう。またイギリスに高校留学をする場合にG.C.S.Eと呼ばれている全国統一試験が行われる場合があります。イギリスには卒業証書がないため.義務教育が終了する16歳のときにG.C.S.E.を受験します。そしてその結果で能力を判断するのでしっかりと対策をすることが求めらます。

またイギリスに高校留学をするとガーディアンというシステムを受けることになります。ガーディアンとは現地保証人のことで留学先の学校人気が名前と連絡先を登録して休暇中のホームステイの手配や交通の手配ら緊急時の対応のために活動します。さらに休暇中は寮が閉まるのでガーディアンがホームステイ先を手配することが多いです。このようにイギリスには他の国と異なっている点があるため事前にしっかりと理解をしてから留学をするように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *