留学は英語力・思考力を変える行動教育

高校生・大学生の大半が自分の英語力に悩んでいます。

英語の授業をいくら受けても、テスト(試験)でどれだけ良い点数を取ったとしても、必要な英語力が身に付いたとは言えません。なぜなら、”英語を話すこと”ができないからです。日本の英語の授業では必要な英語力が身に付かない、文法や点数UPの方法しか身に付かない、それらから脱却し、本当の英語力を身につける方法が留学制度になります。留学とは、外国の学校に通い、なおかつ外国で一定期間過ごすことを言います。

日本から離れ、英語を公用語として使っている国に強制的に自分を置くことで、英語力を身につけます。つまり、英語を話す人と生活をすることで、学校だけでなく、生活からも学ぶ、ということになります。留学する方法を2つ紹介します。1つは日本の学校と外国の学校との交換留学制度に応募する方法です。学校に申請し、必要試験に合格すれば実際に行くことが可能になります。外国の学校で必要な授業・単位取得をすることもできます。もう1つは自分でその制度を見つけ、一般として応募する方法です。

この方法は学校を休学することになる可能性があるので注意が必要です。また、英語を話せるようになるだけでなく、日本にはない外国特有の文化を学べるのも特徴です。さらに、英語だけでなく、ドイツ語、中国語、フランス語と、取得したい言語に合わせて外国を選ぶことが可能なので、英語に絞ったお話ではありません。若いうちに経験しておくと、語学取得が早いので、なるべく早目に留学することをオススメします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *