Skip to content

生理とレーザー脱毛の関係

レーザー脱毛はレーザーを当てるだけで脱毛できる簡単な方法です。

もちろん事前にシェービングが必要などのある一定の準備は必要ですが、以前の電気脱毛に比べると格段に手間が減り、痛みも激減、お手軽な脱毛法となったのです。ただ、それでも毛母細胞を熱でやっつけるという性質上、多少なりとも肌へのダメージが伴います。そのため敏感肌の方など、そもそも施術に不向きな方もいますが、そうでない普通肌の方でも時期によっては施術を避けるべき時があるのです。

成人女性には妊娠、出産のための生理があります。そのため女性には毎月生理がありますが、レーザー脱毛はこの生理の時期と生理前には受けるべきでないと言われています。というのはホルモンの関係上、生理中や生理前には肌が敏感になると言われているからです。生理前になるとニキビができるとか、肌がべたつくなど肌トラブルに見舞われた経験がある方が多いでしょう。これはおそらくホルモンが原因です。

普段ならレーザーを当てても問題はなくても、この時期に当てることで肌トラブルを起こす可能性は否定できません。そのため、生理中と生理前の施術は控えるべきです。クリニックによってはVIO以外であれば生理中でも施術をしてくれるところもあります。ただ、その場合は完全自己責任です。もちろん医療機関なので何かあれば治療はしてもらえますが、それが傷跡となっては大変です。

従って心配であるなら、生理中や生理前のレーザー脱毛は避けるといいでしょう。半そでやタンクトップ、ミニスカートなどの薄着になると、肌の露出箇所が多くなるので、そこにムダ毛が生えているなら、丁寧に処理しなければなりません。カミソリで剃ったり、除毛クリームを使えば、自宅でも簡単に綺麗にすることが出来ますが、ずっとその状態が続くわけではないので、夏のあいだは定期的に何度も同じことを繰り返す必要があります。

こんな面倒なことをしなくてもよくなりたいと思ったら、クリニックでレーザー脱毛を受けることをおすすめします。クリニックには医療用レーザーという特殊な機器があるので、それを使えば、肌を傷つけることなく、ムダ毛だけを取り除くことが出来ます。ムダ毛が生えている部分に照射するだけで終わりますから、レーザー脱毛の一回の施術時間は短く、両わきなら15分程度で済みます。

仕事や学校の帰りにクリニックに立ち寄り、レーザー脱毛を受ける方が増えてきているのは、その簡単さにも理由があるので、自己処理の手間をなくしたい方は、カウンセリング予約を入れるようにしてください。クリニックの中には、webからの申し込みに限り、割引サービスが受けられるところもありますし、キャンペーン中の際に利用すれば、通常よりも安い料金で施術を受けることが出来ます。レーザー脱毛はエステの光脱毛よりも高額になりますが、賢い利用法を見つければ、いくらでも安く受けることが可能です。

お試しモニターに応募するのもおすすめなので、まずはホームページを訪問し、お得な利用法を探るようにしましょう。夏は薄着になり、肌の露出が多くなるため、普段から毛深いことで悩んでいる女性にとっては、頻繁にムダ毛を処理しなければならないので、憂鬱な季節でもあります。カミソリで剃ったり、除毛クリームを使えば、すぐになくせますが、それが長く続くことはないので、定期的に処理し続けなければなりません。

何度も処理するうち、湿疹が出来てかゆくなったり、肌の色素沈着が起こったり、埋没毛が発生したりもしますから、次第に嫌でたまらなくなっていくでしょうね。自己処理で綺麗な肌になるのは不可能だと悟ったら、お近くのクリニックに行って、レーザー脱毛を受けるようにしましょう。レーザー脱毛はエステや脱毛サロンでは行えず、クリニックでしかできない施術なので、本格的にムダ毛をなくして、美肌を手に入れたい方におすすめです。

その分、サロンよりも料金は高くなりますが、永久脱毛といえるほど、毛根を破壊する威力が高いので、高いお金を払うだけの価値はあります。それにお試しキャンペーン中は料金も下がるので、その期間中に申し込めば、通常よりも安く、施術を受けることが出来ます。レーザー脱毛の施術が完了したら、自己処理の手間がいらなくなりますし、ムダ毛が伸びて来るのを気にしなくても済むので、夏が近づいても、憂鬱な気分にはならなくなるでしょう。

美しい肌を長期間キープしたいときは、サロンのフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛がおすすめなので、出来るだけ料金が安く、技術が高いと評判のクリニックを選んで利用するようにしてください。浴衣を着用すると、うなじの部分が目立つので、女性をセクシーに見せる効果がありますが、普段からムダ毛の手入れをしていない人の場合は、かなり見た目が悪いため、毛深い女性と思われ、幻滅されてしまう恐れがあります。

触れたときの感触もすべすべしていないので、何とかしたいところですが、うなじは自分の目では見えないため、自己処理するのは難しいでしょうね。たとえ自己処理できたとしても、それでもう二度と生えてこなくなるということはないので、ツルツルの肌をずっと続けたいときは、美容外科や皮膚科でレーザー脱毛を受けることをおすすめします。レーザー脱毛は、医療資格を持つ人しか使えない、医療レーザーで脱毛するので、美容外科や皮膚科のようなクリニックでしか施術を受けることは出来ません。

エステや脱毛サロンで行っているのはフラッシュ脱毛で、レーザー脱毛よりも威力の劣る施術になるので、勘違いしてサロンに行かないようにしましょう。レーザー脱毛を受けた後は、毛根が完全に破壊されるので、ムダ毛に悩まされることがなくなります。誰が見ても綺麗で、ツルツルしたうなじになれますから、浴衣でも水着でも堂々と着られるようになるでしょう。

レーザー脱毛の難点は、威力が高い施術なので痛みがあることですが、麻酔を使ってもらえば何も感じませんから、それほど怖がる必要はありません。少しでもお得な料金で試したい方は、キャンペーンやクーポンを利用することをおすすめします。初めて脱毛サロンでレーザー脱毛を行う際にどのような流れで行われるか事前に知りたい方のために、一般的なサロンでの流れを説明しておきましょう。まず、脱毛サロンは基本的に予約制です。

あらかじめとった予約の日にサロンへ行くので待ち時間はほとんどありません。受付をすませ、個室に案内されます。スタッフの指示に従って着替えをします。着替えの内容は施術の部位によって異なります。次に、施術スタッフが脱毛部位の状態をチェックします。脱毛部位はしっかり剃れているか(レーザー脱毛の際はあらかじめ自宅でムダ毛を剃っておくよう指示されます)、肌は荒れていないか、日焼け直後ではないかなどの項目をクリアすれば、脱毛開始です。

脱毛部位にジェルを塗ってレーザー照射をしていきます。レーザー脱毛では、レーザー光を直接見ることがないように仰向けの場合でもタオルなどで目が覆われています。そのため、脱毛中の様子を見ることはできません。見えないと心配という方もいるかもしれませんが、脱毛の痛みとしては軽く輪ゴムではじいた程度で我慢できないという人はほとんどいません。

どうしても我慢できない時はスタッフに伝えるとレーザーの出力を弱めてくれるなどの対応をしてくれますので安心してください。脱毛が終わると、ジェルをふきとり、脱毛部位を冷やします。こうすることで赤味やかゆみなどのトラブルが出にくくなります。

十分に冷やした後は、しっかりと保湿をします。冷却と保湿が脱毛後のケアの基本です。この後、身支度をして終了です。脱毛後の注意点などがあればしっかり聞いておきましょう。可能であれば次回の予約をしておくとスムーズです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です