Skip to content

レーザー脱毛の際に知っておきたい注意事項

レーザー脱毛は、比較的簡単なうえ短時間で脱毛ができる方法として人気があります。

通常はほとんどリスクはありませんが、施術を受ける際に気を付けなくてはいけないところもあります。まず施術を受ける場合は、いろんなクリニックの料金を確認する必要があります。施術を受ける場所によっては料金が違うこともあり、料金や施術内容が本当にその料金に見合ったものかどうか比較検討しておくべきです。料金はホームページでも確認できますし、比較サイトでも確かめることができます。

さらについでとして、口コミで評判も確かめておくと安心です。この時評判と施術内容、コストがトータルでいい施設を選べば、トラブルに遭うリスクも回避できます。またレーザー脱毛で施術をした場合、あらかじめ施術の時期や施術後のケアの方法も考えておきます。例えば真っ黒に日焼けした後で施術を受けようとしても、その状態では施術を断られることがあります。なぜなら、レーザーはメラニン色素の濃い色に反応するため、肌全体が黒い場合は効果が出にくくなるという理由があるからです。

その他にも施術後に施術部分の汗が多くなったり、施術した部分の体臭がきつくなるケースも報告されています。そうなるリスクも考えて、施術を受ける前に十分なカウンセリングを受けて施術内容を理解しておくのも大切です。レーザー脱毛はメリットも多い施術ですが、まったく無知な状態で行うのはトラブルの原因にもなるのでお勧めできません。この施術を受ける場合は、施術についての予備知識を得た上でやるのがより安全に施術を受けるコツといえます。

永久脱毛というと、エステサロンや美容整形が真っ先に頭に浮かぶはずです。しかし両者には、同じようにみえて実は大きな違いがあります。まず医療行為ができるかできないかが違います。医療行為ができるということは、高出力のレーザー治療器が使用できるということになります。強力なレーザー脱毛の機械なら、それだけ高い効果を上げることもできます。それによって施術期間も短縮でき、永久脱毛の効果も高くなることが期待できます。

こういった高出力のレーザー脱毛器を使えるのは、医療行為が認められている皮膚科や美容整形外科などに限られます。それに比べて民間のエステサロンの場合は、医療機関の使うものよりやや出力が劣る光レーザーしか使えません。高出力レーザーかそれよりも弱い光レーザーがいいかは、その施術を受ける方の体質やどんな効果を望むかによって違います。

肌が弱い方の場合高出力のレーザー脱毛の施術では、肌に必要以上のダメージを受けてしまう場合もあります。高出力のレーザーで脱毛する場合は、施術を受けた際に肌の表面が軽いやけどをおこしたり白く抜けてしまうことも考えられます。それに比べて光レーザーの方は、出力が弱い分肌に対する負担も少なくてすみます。

しかしレーザー脱毛に比べて施術の期間が長いうえ、再びムダ毛が生えてくることもあります。医療機関の高出力レーザー脱毛も民間のエステサロンの脱毛も、どちらも一長一短があるといえます。施術を受ける場合は事前のカウンセリングを入念にし、納得のいく施術方法を選択するのが大切です。レーザー脱毛は、医療脱毛とも呼ばれるように美容皮膚科などの病院で行われている脱毛施術です。

医学に基づいて脱毛という治療を行うことができ、他の脱毛法に比べると一回でも高い効果を得ることができます。レーザー脱毛を受診する場合には、あらかじめ脱毛したい部分を自分で除毛しておく必要があります。病院で医師に診察をしてもらってから施術に入りますが、剃り残しがあった場合には危険性が伴うことから施術自体を断られたりその部位を避けて行われることもあります。

黒い色に反応するレーザーの光は肌の表面にある剃り残しの毛も危険ですが、ほくろや濃いシミ、タトゥーなどの周辺も避けられます。レーザーを肌に照射すると、光は波長が長いことから肌の表面を通過して毛根周辺に作用します。毛根を焼いて抜け落とさせてしまうとともに毛根のそばにある毛の生える組織を壊すことができるため、次に生えてくる毛も作ることができなくなります。レーザー脱毛は、全身脱毛にも利用されているように顔から足先までの施術が可能です。

髪の毛でも、もみあげやうなじなど女性にとっては濃いことが男性っぽくてなんとかしたいという人に利用されています。男性に人気がある部位にヒゲ脱毛があり、ヒゲが濃いことで深刻に悩んでいる多くの男性に利用されています。また、毎日のヒゲ剃りが面倒だという人や肌がデリケートなのでヒゲを剃ることで肌荒れが絶えないという人にも利用されています。

効果の高い医療レーザー脱毛の施術を受けたいと考えたら、美容系のクリニックに通う事になります。脱毛の施術といえば、エステや脱毛サロンというイメージを持つ人も多いでしょう。ですが、エステや脱毛サロンは、医療機関ではない為、医療行為にあたる医療用レーザーを使った施術を行う事が出来ません。その為、エステや脱毛サロンでは、医療用レーザーよりも出力が弱く、効果も弱い、光を使った施術を行っています。

ですから、医療機関とエステや脱毛サロンでは、施術の効果に差があります。医療用レーザーは1回の施術でしっかりと毛根と毛乳頭を破壊する事が出来るだけの効果があり、6回程度の施術でムダ毛が生えてこない肌へと変わっていきます。それに対して、エステや脱毛サロンの施術では、徐々に毛を細く弱い状態に変えていく事になります。その為、施術が完了するまでに18回程度の施術が必要になります。

医療レーザー脱毛は効果の高さで人気ですが、施術の効果が高いだけでなく、少ない回数で施術が完了する為、早く綺麗な肌を手に入れる事が出来ます。更に、医療機関は、施術の際に肌トラブル等の問題が起きた場合、すぐに適切な処置が可能となります。医療レーザー脱毛の施術は痛みを感じやすいと言われる事もありますが、医療機関であれば麻酔クリームを使うという方法も可能です。

ですから、医療機関で行う医療レーザー脱毛は、施術の効果が高いだけでなく、安心して施術を受ける事が出来るという特徴があります。脱毛には色々な方法がありますが、その中でも安全で脱毛効果が高いのがレーザー脱毛です。アメリカで開発された脱毛方法ですが、安全性と効果の高さから今では世界100ヶ国以上で使用されている方法です。

レーザーには色の濃いものに集まって発熱するという性質があり、皮膚の上からレーザーを照射するとレーザーは皮膚を通り越して毛穴の中にある体毛に集まって熱を発生させます。その熱で毛を作る組織が破壊され、二度と毛が生えないようにできます。一口にレーザー脱毛と言っても使われているレーザーには色々な種類があります。

今の日本で使われているレーザーは大きく分けて6種類ほどあり、それぞれ性質が違っています。痛みが少ないのがダイオードレーザーで、照射範囲も広いので施術時間が短いという特徴もあります。ライトシェア・デュエットも皮膚を吸引して毛穴の部分にだけレーザーを当てることができるので、肌ダメージが少なくほぼ無痛で脱毛ができます。

アレキサンドライトレーザーは冷却しながら施術を行う事ができるので、皮膚を冷やすためにジェルが不要です。その為施術を受ける時に冷たい思いをしなくてすみ、ジェルをふき取ったりする時間もいりません。ロングパルスヤグレーザーは皮膚の深いところまで届くという性質があります。

男性のひげ脱毛や、皮膚の深いところから生えているデリケートゾーンの毛の脱毛に向いています。YAGレーザーは日焼けしている人や、肌の色が比較的黒い人でも脱毛できます。G-MAXも日焼けをしている人でも脱毛ができ、肌が敏感な人にも向いています。脱毛したい部位や自分の肌質に合わせてレーザー脱毛を選ぶと、より快適に脱毛ができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です