Skip to content

ハイパースキン脱毛の特徴や料金プランについて

脱毛はエステ脱毛と医療脱毛の2つに分ける事が出来ます。

エステのお店は特殊な光を肌に照射するライト脱毛が主流で、医療脱毛はレーザー光線を照射するレーザー脱毛が主流になっています。エステは医療用レーザーの取り扱いが禁止されているため、ライトを照射する方法で施術を行っています。特殊なライトや医療用レーザーはいずれも毛根に作用する光線が特徴で、肌にライトを照射したり、レーザー光線を照射するとメラニンが強い成長期のムダ毛に反応し、毛根を熱エネルギーで機能を弱める、機能を停止させる事でムダ毛が生えにくい状態になります。

最近は、毛根に作用するのではなく、ムダ毛を成長する前の種とも言える部分に作用するハイパースキン方式を採用しているサロンもあります。ハイパースキン脱毛は現在生えているムダ毛には作用しないのが特徴で、これから成長しようとしているムダ毛の種に対して作用するため、熱照射などがありません。一般的な手法は熱照射を行って組織の機能を破壊する、もしくは機能を弱めるなどになるので、熱さが痛みに繋がりやすくなるわけです。その点、ハイパースキン方式は熱による作用もないので、痛みもなく施術を受ける事が出来る魅力を持っています。

脱毛しようとしている時に日焼けをしてしまうと施術を断れてしまうと言います。日焼けの度合いにもよりますが、ライトやレーザー光線は黒いものに強く反応を起こす性質があるため、日焼けした肌は施術が出来ないわけです。最近の紫外線量はオゾン層の破壊などにより強烈な紫外線が地球上に注がれており、夏場などは徹底した日焼け対策を行っておかないと、折角予約が取れても日焼け肌になってしまい、予約をキャンセルしなければならなくなるケースもあります。

ちなみに、施術を受けるサロンやクリニックを選ぶ時には予約が取りやすい施設を選ぶ事が良いと言われています。自分の都合の良い時を選んで予約をしようとすると、既に予約が一杯で、思うように予約が取れない事もあります。予約が取りやすいサロンやクリニックは、1日に施術を行う事が出来るお客さんの数が多い、施術を行う時の個室やベッド数が多いお店になっています。

ホームページでサロンの店舗情報などをチェックした時に、ベッド数がいくつあるのかを知る事が出来るお店もありますが、施術ベッドの数が多いお店などの場合、1日に施術を行う事が出来るお客さんの数を増やせる、さらに最新鋭のマシーンを利用しているお店は狙い目です。特殊なライトを照射する時に利用するのが光脱毛機ですが、サロンで利用が行われているマシーンは大きく分けるとIPLとSSCと呼ぶマシーンになります。

施術を行う原理そのものは同じで、名称が異なるだけなのですが、IPLとSSCでは施術する時間や施術時の痛み、効果などにも違いが生じる事になります。但し、IPLの方が効果は高い、SSCの方が施術時間は短いなどではありません。技術は年々進化している事からも、同じIPLのマシーンでも最新式の方が性能は良くなっているため、効果が高くなる、施術時間も短くなるなどの特徴を持っています。

サロンやクリニックのホームページをチェックする時に最新鋭のマシーンを導入しているなどの情報を入手する事が出来ますが、従来型のマシーンよりも性能が高くなっているため、施術を受ける時間が短縮出来るなどのメリットもありますし、施術時間が短くなると施術後に色々なプランを作る事も出来るようになります。例えば、休みの日にも営業しているサロンの場合、午前10時頃から営業を開始しているお店が多くあるので、午前中にエステで脱毛して貰い、お昼頃からは友達同士でランチを楽しむ計画を作る事も出来ますし、映画の時間に合わせて予約を行う計画も出来ます。脱毛の施術を受けた後、すぐにムダ毛が抜け落ちるイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

実際には施術を受けてから1週間から10日などの期間が過ぎると、処理が行われたムダ毛は抜け落ちます。そのため、効果を実感するまでには7日から10日掛かる事を覚えておくと良いでしょう。これに対してハイパースキン方式の場合は、これから成長する前の段階でもあるムダ毛の種部分に働きかけるので、効果を実感するためには少々時間が必要になります。熱作用の場合には7~10日で抜け落ちますが、ハイパースキン方式の場合は、ムダ毛が生えて来る量が減ったなどの効果になるので、効果を実感する事が難しい、これがハイパースキン方式の弱点とも言えるのではないでしょうか。

但し、ハイパースキン方式は休止期に入っているムダ毛の種とも言える部分に作用させる、熱による作用ではないので、日焼けしている肌でもしっかりと休止期状態の種を摘み取ってくれます。小麦色の肌はおしゃれで格好が良いと感じる人でも安心して施術を受ける事が出来るのもハイパースキン方式の魅力になります。

さらに、メラニン色素の濃さなどに関係なく施術を受ける事が出来るので産毛などにも効果を期待出来る利点もあります。痛みが殆どないとも言われているハイパースキン方式は、最近注目を集めているVIOラインの施術を受ける時なども安心です。VIOラインのムダ毛を脱毛するメリットは、ムダ毛がなくなる事で雑菌の繁殖を防止出来る、いつもきれいな状態にしておける点があります。

VIOラインの中でもVラインは自分でもお手入れが出来る部分になるので、自己処理をされている人も多いかと思われますが、自己処理で続けていると色素沈着が生じてしまい、Vラインが黒ずんでしまう事もあります。脱毛サロンなどで施術を受ける事は色素沈着のリスクがない、しかもきれいにムダ毛処理をして貰えるメリットがあります。そのため、VIOラインは人気があるわけです。尚、VIOラインは3つのアンダーヘアの総称ですが、3つの部位をまとめて行う事も出来ますし、個別に行う事も出来ます。

例えば、下着からはみ出るムダ毛だけを処理するのであればVラインだけを施術して貰えば良いわけです。下着の中でもTバックなどの場合はお尻の部分がTの字になるので、ヒップや肛門周辺などの施術を行うOライン脱毛を併せて行っておけば万全です。尚、VIOラインのIラインは陰部のムダ毛で、Iラインをきれいにしておくと生理の時の違和感が少なくなる、臭いなども防止出来る効果を持っています。

全身脱毛を行っているエステやクリニックは多くありますが、全身全てを施術しなくても良い人などにお勧めなのが、好みの部位を数カ所選んで全身脱毛と同じように希望部位だけを同時に施術して貰える料金プランです。すべてのサロンやクリニックこうした料金プランがあるわけではありませんが、部分脱毛を可能にしているエステやクリニックなどの場合、大半がフリーチョイス出来る料金プランを用意しています。

両脇や両脚、両腕などは定番の脱毛箇所ですが、両脚と言っても細かく施術部位を分けているエステやクリニックは多くあります。一般的には膝の上側、膝下、膝、脚の指や甲などにように分類が行われているのが特徴です。しかし、こうした部分を個別にチョイスしようとすると料金が割高になってしまいます。そこでお勧めになるのが、足であればすべての部位をセットにして脱毛が出来る料金プランを用意しているお店です。

これは両脚だけではなく、両腕なども同じで複数部位をセットにしているので、料金が割安になる、こうしたセットプランを組み合わせて、希望部位をまとめて全身脱毛として施術を受ける事が出来るお店もあるわけです。尚、施術を受けるお店やクリニックを選ぶ時にはお得なセットプランの有無を確認しておくと良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です