Skip to content

永久脱毛にチャレンジしてみたい

手足や両わきのムダ毛は海やプールなどで目立つだけではなく、腕まくりやスカートを履くなど、日常のちょっとしたことでも人目につきやすいものです。

そのため、ムダ毛の処理が丁寧にできていないと、美容に疎い女性だと思われる可能性があるので気を付けましょう。カミソリや毛抜き、電気シェーバーを使ったムダ毛の自己処理は、手足や両わきのムダ毛を手軽に処理できるので便利です。しかも、ムダ毛ケアにかかる費用が安いという魅力もあります。ですが、ムダ毛の自己処理はカミソリ負けや埋没毛、乾燥肌などのトラブルが起きやすいので注意が必要です。

せっかくムダ毛を取り除いても肌が荒れてしまっては、自信を持って肌を見せることができなくなってしまいます。肌トラブルを避けつつ、ムダ毛を綺麗に処理していくためには、専門施設で脱毛ケアをするのが近道です。カミソリや電気シェーバーによるムダ毛ケアは、肌の表面に見えるムダ毛をカットするケア方法になります。

そのため、翌日には黒くプツプツと伸びてしまうというデメリットがありますが、専門施設での脱毛は、ムダ毛を根元から処理するので、ツルツルの状態を長く保つことができます。さらに、ムダ毛の再生率を抑えることも可能です。脱毛施術を受けることができる専門施設には、美容皮膚科や美容クリニックのような医療施設と、エステサロンのような美容施設に分けることができます。どちらもムダ毛を取り除き、再生率を下げることが期待できますが、施術に使用するマシンが違ってくるので注意が必要です。

これにより、施術完了までにかかる期間や費用、痛みなども大きく変わってくるからです。せっかく脱毛施術を受けるなら、ムダ毛の自己処理が不要になる永久脱毛にチャレンジしたいと考える人が多くいます。こんな時、医療施設で脱毛施術を受けるか、エステサロンで受けるかで、仕上がりが違ってくるので気を付ける必要があります。

永久脱毛と言うと、一生ムダ毛が生えてこない施術というイメージがありますが、これは間違いです。さらに、多くの脱毛専門施設では、永久脱毛できるとは明言していません。脱毛施術は、ムダ毛の再生率を抑えるもので、完全に生えなくするものではないからです。永久脱毛にはきちんとした定義があります。これは米国電気脱毛協会が定めたもので、永久脱毛とはムダ毛のケアをした1か月後の毛の再生率が20%以下の状態のことを指します。これに近い仕上がりを期待できるので、医療施設での脱毛施術だと言われています。

美容クリニックや美容皮膚科などの医療施設での脱毛施術は、肌にレーザーを当ててケアしていくのが特徴です。このレーザーにはメラニン色素に強く反応するという性質があり、もともとはシミやそばかす、ニキビ跡などの肌の黒ずみを薄くする治療として使われていました。それが、ムダ毛の成長を抑える効果があることが分かり、脱毛施術としても使用されるようになりました。そのため、レーザーを使用したムダ毛ケアは医療行為に分類されます。

これにより、ケアには医師の資格が必要になります。レーザー方式でムダ毛をケアしたいと思ったら、医療施設に定期的に通うことになります。レーザーによるムダ毛ケアのメリットは、脱毛効果が非常に高いということです。ムダ毛を綺麗にする方法には多くの種類がありますが、永久脱毛に最も近い仕上がりを期待できるのが、レーザー方式による脱毛だと言われています。レーザーによる脱毛は施術完了までの回数が少なく済み、結果として施術期間も短くなるのがポイントです。ムダ毛を早く綺麗にしたいと思ったら、レーザー方式を検討してみましょう。

ですがレーザー方式によるムダ毛ケアは、施術時の痛みが強いというデメリットがあります。さらに、費用も高額になるので注意が必要です。レーザー方式の脱毛にチャレンジしようと思ったら、使用するマシンにも注目してみましょう。そうすることで、自分にあった方法でムダ毛ケアを進めていくことが可能です。

アレキサンドライトレーザーという脱毛マシンは、脱毛施術の元祖となっているマシンです。レーザーの波長が短いことが特徴で、施術をすることでムダ毛だけではなく肌に定着しているメラニン色素にも効果を発揮します。その結果、シミやそばかすなどを薄くすることが期待できます。

ムダ毛をケアしつつ、美肌効果を得られるのが大きなポイントです。YAGレーザーというマシンは、肌のコンディションに左右されずに施術できるというメリットがあります。これはレーザーが波長が長いことが理由で、日焼けをした状態でも肌を傷めずに施術を進めることが期待できます。VIOラインのように、肌色が濃い部分のケアにも向いています。ダイオードレーザーという脱毛マシンは、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの中間ほどの波長を照射することができます。この波長は日本人の肌質とムダ毛の状態を相性が良いのがメリットです。両わきやVIOラインのように濃いムダ毛と、顔や背中のように産毛状態のムダ毛、どちらにも効果的に取り除くことが期待できます。エステサロンのような美容施設では、肌にフラッシュを照射してムダ毛をケアしていきます。この脱毛方法はレーザー方式の威力を弱めたもので、特別な資格がなくてもマシンを使うことができます。

誰もが施術を行うことができるので、美容クリニックだけではなく、エステサロンのような美容施設でも脱毛できるのが魅力です。フラッシュ方式によるムダ毛のケアは、レーザー方式よりも脱毛効果が弱いというデメリットがあります。永久脱毛にチャレンジしたいという場合には不向きですが、その分、肌にかかる負担が少ないのがメリットです。広範囲をケアしたい人や、顔やVIOラインのように肌がデリケートな部分のケアも、フラッシュ方式ならストレスなく進めていくことが可能です。

さらに、フラッシュ方式はレーザー方式によるケアよりも費用が安いということも大きなポイントです。レーザー方式で全身のムダ毛をケアした場合、30万円から50万円ほどかかるのが一般的です。けれど、フラッシュ方式なら半分ほどの20万円前後でケアできるのが平均です。フラッシュ方式によるケアは、エステサロンならではの美容効果の高いローションやクリームを使っているのも大きな魅力です。
肌への刺激が少ないうえに、スキンケアも期待することができるので、敏感肌や乾燥肌の人に最適です。レーザー方式のマシンが豊富にあるように、フラッシュ方式の脱毛マシンも数多くあります。フラッシュ方式のマシンは個性が非常に大きいので、確認してから施術にチャレンジするのがおすすめです。IPL方式の脱毛マシンはレーザー方式のマシン同様に、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応するのが特徴です。

そのため、メラニン色素の量が多い太くて濃いムダ毛のケアに向いています。全体的にムダ毛が濃いという人や、両わきやVIOラインを中心にケアしたいという人は、使用を検討してみましょう。SSC方式は、肌にフラッシュを放射する前に専用の特殊ジェルを塗るのがポイントです。

この特殊ジェルにはムダ毛の成長を抑える成分が配合されています。これを毛穴から奥へと浸透させることで、脱毛施術を進めていきます。肌への負担が少ないのがメリットで、ほとんど痛みを感じずにムダ毛を綺麗にすることが可能です。多くの脱毛マシンは2か月から3か月に1回のペースで施術を進めていきますが、SHR方式のマシンは2週間に1回という早いペースでケアできるのが魅力です。

これは、SHR方式がムダ毛にダメージを与えるのではなく、その周辺組織に作用することが理由です。フラッシュ方式で早く施術を終わらせたいという人は、SHR方式が最適です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です