Skip to content

顔に生えている産毛状のムダ毛を脱毛で目立たなくする

顔に生えている産毛状のムダ毛に悩んでいるという人は少なくありません。

おでこや、鼻の下、頬、フェイスライン、あごなど、よく観察して見ると産毛状のムダ毛は顔の至るところに生えています。ムダ毛が薄い色で細ければ、あまり気にしなくても良いのかも知れませんが、濃い色のムダ毛を放っておいてしまうのは恥ずかしいので、何とか対処したいところです。

ところが、女性向けの電気シェーバーや、カミソリを使って剃ったとして濃い色のムダ毛だと剃ったムダ毛の断面が目立ってしまいます。そして、乾燥していたり、ニキビができていたりして、お肌のコンディションが良くない場合は、顔のムダ毛を自分で処理しようとすると、ますます症状が悪化してしまうことがあります。

こういった顔に生えているムダ毛が濃いことや、自己処理の方法について悩みを抱えている女性は少なくなく、顔のパーツに脱毛の施術を受けることに対するニーズが少しずつ高まっています。その一方、顔のお肌は非常にデリケートなので、お肌にトラブルを引き起こすことを考えると怖かったり、施術に伴う痛みが不安だったりして、なかなか顔のパーツに脱毛の施術を受けることに躊躇している人も多いです。

自分でムダ毛を処理する行為は手間がかかる上に、色々なお肌のトラブルを招いてしまう危険性があります。カミソリを使って顔のムダ毛を剃ると、ムダ毛と一緒に、お肌の表面にある角質層も薄く削り取ってしまうので、カミソリ負けを引き起こして、お肌が乾燥してしまったり、痛めてしまったりする原因になってしまう訳です。

女性の顔にも使うことができる電気シェーバーを使えばカミソリより、お肌に負担がかかりませんが、剃り方が甘いと跡が目立ってしまいますし、カミソリよりも、まめに電気シェーバーを当てることが必要になります。そして、顔は平らな部分が少ないため慎重に剃る必要があり、間違ってお肌を傷つけて、その傷が残ってしまったら後悔しても後悔しきれません。

かといってピンセットを使って処理すると痛い上に血が出てしまうことがあったり、毛穴の中に刺激が加わることによってメラニンが分泌されて色素沈着を起こしてしまったり、毛穴が開いて雑菌や、皮脂汚れが浸入して炎症を引き起こしたりすることがあります。ところが、顔のパーツに脱毛の施術を受ければ自分でムダ毛を処理する行為から解放されるようになるため、お肌にトラブルを引き起こす危険性を避けて美しいお肌を維持することが可能です。

顔に生えている産毛のムダ毛は1本1本が、とても細くて弱弱しい状態なのですが、たくさんの量の産毛状のムダ毛が生えていると、顔色がくすんだ状態に見えてしまいます。カミソリや、電気シェーバーを使って剃ったとしても、ムダ毛の断面は顔のお肌に残ってしまうため、顔色に影響を及ぼしてしまうという訳です。

脱毛の施術を受けて産毛状のムダ毛が目立たなくなれば、これまで感じていた顔色のくすみが無くなって顔色が1段階明るくなります。また、産毛状のムダ毛が目立たなくなることにより毛穴が引き締まってくれるため、キメが細かい、お肌に仕上げることが期待できます。なぜ、このような効果が得られるかというと、顔に生えている産毛状のムダ毛にメラニン色素が含まれているためです。

メラニン色素はシミや、そばかすと同じ顔色を暗くしてしまう物質であるため顔に生えているムダ毛が目立たなくなれば、顔のお肌に含まれるメラニン色素が減ることになるので顔色が明るくなる効果を得られることになります。脱毛の施術を施すときに照射する特殊な光はメラニン色素に吸収されて、熱を起こす反応をして、ムダ毛が生えてくる働きを制御する組織にダメージを与えるので、ムダ毛が目立たなくなる効果が得ることが可能です。

メイクをして一定の時間が経過するとメイクがよれてしまったり、浮いてしまったり、ファンデーションにムラができたりする場合があります。そうなってしまう原因は、顔に生えている産毛状のムダ毛であるかも知れません。産毛状のムダ毛が生えている、お肌にファンデーションや、化粧下地を塗ってしまうと、産毛状のムダ毛が油分や、水分を弾いてしまうので、お肌にあまり密着しなくなり、メイクのノリが悪くなってしまいます。

顔に脱毛の施術を受けて産毛状のムダ毛が目立たなくなると、少ない量のファンデーションを塗るだけでも、充分に伸びて、お肌にしっかりを密着するので、綺麗でムラがほとんどない仕上がりにすることが可能です。そして、お肌に充分に馴染んだメイクは非常に崩れにくいため、脱毛の施術を受ける前よりもメイクの持ちが大幅に改善させる効果を得ることが期待できます。

出勤や、通学する前の朝の身支度は非常に慌しいものですが、メイクがすんなりと決まると、時間に余裕を持って出かけることが可能です。その上、顔に生えている産毛状のムダ毛を剃る必要もない訳ですから、もっと時間に余裕が生まれ、その時間を活かしてゆっくりと朝食を食べることもできるようになります。

エステサロンで施してもらうことができるフラッシュ脱毛の施術はフォトフェイシャルの施術似た効果を得られるとされています。フォトフェイシャルの施術は、シミや、シワ、そばかす、たるみなどの症状が改善することが期待できる医療行為ですが、IPL方式の脱毛に使われるインテンスパルスライトは、フォトフェイシャルのときに使う光と波長が同じ光が含まれている訳です。

インテンスパルスライトは、お肌のターンオーバーの働きを正常な状態に整えて、コラーゲンの働きを活性化させてくれる働きがあります。フォトフェイシャルの施術とフラッシュ脱毛では、使われる光のパワーの強さが異なるので、フォトフェイシャルの施術を施してもらってもムダ毛が目立たなくなる効果を得られる訳ではありませんは、フラッシュ脱毛は副産物的なお肌を美しくなる効果を得ることが期待できます。フラッシュ脱毛の施術にはIPL方式の脱毛の他にSSC方式の脱毛もあります。

SSC方式で使われる特殊な光はフォトフェイシャルの施術で使われる特殊な光とは性質が違いますが、SSC方式の脱毛は、お肌にかかる負担が抑えられているのが特徴となっていて、冷却ジェルにお肌が美しくなる成分も配合されています。顔に生えているムダ毛に脱毛の施術を受けるとニキビが発生するのを防いでくれる効果も得ることが期待できます。ニキビが発生する原因になるアクネ菌は、毛穴の中に詰まったいる皮脂汚れや、ホコリなどをエサにして繁殖する訳です。

産毛状のムダ毛は皮脂汚れや、ホコリが付着しやすいので、産毛状のムダ毛が目立つような、お肌はアクネ菌が増殖してしまいやすい環境になっていることになります。脱毛の施術を受けて顔に生えている産毛状のムダ毛が目立たなくなると、毛穴が引き締まるため皮脂汚れや、ホコリが詰まりにくい状態になって、ニキビが自然と発生しにくい、お肌の質に導いてくれる訳です。

このように、様々なメリットがある顔の脱毛ですが、顔は、非常に痛みに敏感な部分なので、美容外科クリニックや、エステサロンによっては、施術に伴う痛みが強い場合があります。痛みに耐えられる自信がない方や、過去に脱毛の施術に伴う痛みに耐えられなくて、途中で脱毛の施術を受けるのを止めてしまった経験がある人などは、ハイパースキン脱毛の施術を行っているエステサロンを選ぶのも良い方法の1つとなります。

ハイパースキン脱毛は、高熱がほとんど発生しないので、痛みがほとんどない施術が可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です