Skip to content

サロンやクリニックでの脱毛、知っておくべき注意点

女性の多くは、自己処理による脱毛を経験していることでしょう。

その後、アルバイトなどでお金を貯めて、エステサロンやクリニックで脱毛をお願いすることになったとき、事前に注意点を知っておくことでスムーズに施術を行ってもらうことが出来ます。逆を返せば、注意点を知らなかった場合、せっかくサロンで申し込みをしても、一定期間施術を行ってもらえない可能性もあるのです。

もっとも重要なことは、毛抜きやワックス等での自己処理です。毛抜きやワックスといった自己処理法は、毛根からムダ毛を引き抜いてしまう方法です。自己処理の中では、持続期間が長いことから選択している人も多いのですが、エステサロンや医療用のレーザー脱毛は、毛根をレーザーの熱エネルギーによってダメージや破壊することによって効果を得るものです。毛根ごと抜いてしまうと、新しく毛根が再生されるまでは施術をしても意味がなくなってしまいます。

エステサロンやクリニックで脱毛を考えている人は、毛抜きやワックスといった方法で処理することはやめましょう。また、毛抜き処理は、埋没毛などの皮膚トラブルの原因ともなります。そのため、日頃から毛抜きでの自己処理はおすすめできません。脱毛と日焼けの関係を知っているでしょうか。エステサロンやクリニックで行われている脱毛機器は、メラニンの黒い色に反応して施術を行います。

そのために、日焼けしている肌はレーザーの反応が過剰になってしまうこともあります。施術による痛みが強くなったり、毛根以外の部分にも反応してレーザーの光が分散することで、十分な脱毛効果が得られない場合もあります。ですから、ほとんどのエステサロンやクリニックでは、施術をする1週間ほど前からは、紫外線対策を徹底するように指導を受けるのです。始めてサロンに行く場合など、日焼けの問題性を知らなかった場合、せっかくサロンに行っても日焼けが落ち着くまで施術を断られることもあります。

一方で、肌が黒くならなくても、日焼け直後の赤くなっている肌に対しても、施術を行うことは出来ません。肌が赤くなっているということは、軽いやけどの状態です。皮膚が熱を持っている状態で、そこに熱エネルギーを照射するとさらに熱がこもり、炎症を起こしやすくなってしまいます。ですから日焼け後の赤く火照った肌の場合も、施術はNGとなります。エステサロンやクリニックでの脱毛は、日焼け対策を入念にすることが大切なのです。

肌の露出が多くなる夏前に、脱毛を行っておきたいと、春先からエステサロンやクリニックに通い始める人もいます。ただ、花粉症などの人は注意が必要となります。実は、花粉症の薬や風邪薬、うつ病の薬といったものを普段から服用している人に対しては、光脱毛やレーザー脱毛を行うことが出来ないとされているのです健康障害があらわれる可能性もあり、薬による副作用で、肌荒れや色素沈着といった肌のトラブルを生じることもあるためです。

春先はひどい花粉症で毎年薬を服用しているという人も多いでしょう。そういった場合は、服用している間は施術を受けることが出来ないため注意が必要です。花粉症の人が、夏までに間に合わせたいのであれば、冬のうちに通っておくことがおすすめです。冬場は他のシーズンよりも予約が取りやすい傾向もあり、意外におすすめな季節です。

ただ、インフルエンザ等の予防接種も服用と同様施術を行うことが出来ません。予防接種の場合は、接種後1週間を目安にして施術を断っている場合がほとんどですから、うまく予約を調整するといいでしょう。服用している薬があると言っても、低用量ピルなど脱毛施術に問題がない薬もあります。

また服用後12時間経過していれば可能といった設定をしているサロンなどもあります。普段から薬を飲んでいる人は施術前に一度相談してみるといいでしょう。エステサロンやクリニックで脱毛をお願いする場合、前もって禁止されていることは色々あります。そして、施術当日にも気を付けなければならないこともあるのです。意外に忘れがちなのが、制汗剤の使用禁止ということです。

夏だけでなく、一年中制汗剤を使用してる人というのは多いでしょう。しかし制汗剤の細かい粒子は毛穴の中に入り込み、熱エネルギーによる脱毛効果を妨げる可能性があります。せっかく施術を行っても、十分な効果が得られないといったことにならないよう、施術当日は制汗剤の使用はストップするようにしましょう。同じように日焼け止めや保湿剤なども、毛穴に入り込みやすいという特徴があります。

特にクリーム系やオイル系といったものは毛穴に詰まりやすいものです。肌が乾燥する、どうしても日焼け対策をしたいという場合は、施術当日はリキッドタイプやスプレータイプを使用するようにしましょう。脇やVラインといった比較的毛量が多い部分に関しては、毛の処理をしておかないと施術が行えないこともあります。

そのため、各自においてシェービングによる自己処理をお願いされることでしょう。そのタイミングですが、施術前日までには終わらせておくようにしましょう。シェービングは肌に少なからずダメージを与えます。なるべく前日までに済ませておくことで、肌トラブルを回避できるのです。自己処理でなく、サロンやクリニックで効果の高い脱毛施術を行ってもらったときは、その後の肌トラブルを避けるためにも気を付けて生活する必要があります。

例えば、温泉や岩盤浴といった体を温める行為はNGです。光やレーザーによる脱毛は、軽いやけどのような状態で熱がこもっています。肌をクールダウンさせなければならない時期ですから、逆の効果をもたらす温泉や岩盤浴は最低1週間は避けるようにしましょう。プールなども施術後1週間は避けるようにします。プールはクールダウンできる効果はありますが、不特定多数の人が出入りするために、雑菌が繁殖しやすい環境となっています。施術後は肌ダメージを受けているために、雑菌が入り込むとすぐに炎症を起こしてしまいます。

肌を労わるためにも気を付けるようにしましょう。施術後の肌は、クールダウンさせる必要があるということは先に述べましたが、激しい運動もクールダウンを妨げる行為です。施術が終わった後にジムに通ったり、ジョギングをするといったことは控えるようにしましょう。施術前の日焼けも厳禁でしたが、施術後の日焼け対策も十分に行う必要があります。照射した部分は軽いやけどとなっており乾燥しやすくなっています。

そのような肌に再び日焼けをすると、乾燥がさらに進み、色素沈着を招くこともあります。施術前後は必ず日焼け対策を行いましょう。エステサロンやクリニックによる脱毛は、予約を取らなければならず、なかなかスケジュール調整が上手くいかないこともあります。

人気シーズンなどは予約も取りづらいため、せっかく予約を取れた場合は無理をしてでも施術を受けたいと希望する人も多いようです。しかし場合によってはやめておいた方がいい場合や、施術を断られることもあります。意外にうっかりしがちなのがシェービングによる自己処理を忘れてしまった場合です。自己処理がされていない箇所は、照射をしても効果がないために、初めから避けて照射されたりします。

また全体的に自己処理がされていない場合は、施術自体を断られることもあります。なかには有料でシェービング対応となっているところもありますが、予約が取れた場合は前日までに自己処理は済ませておきましょう。妊娠中や授乳中も避けておきたい期間です。照射することで、おなかの赤ちゃんに影響があるわけではありませんが、妊娠中や授乳中はホルモンバランスが崩れているため、色素沈着などのトラブルが起こりやすいのです。

施術をしてもらえるサロンもありますが、なるべくその時期は避けておいた方がいいでしょう。また、照射による痛みを我慢することで、体調不良になる人もいます。もともと体調が優れない場合は。無理をせず予約を取り直すようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です